読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーキズム

~社会人バンドマンの自由気ままな奔放記~

新卒フリーランス!いいね!でも、やりたいことは何だろう。

オピニオン
就職活動をやめてフリーランスとして生きる道を選んだ「いわたさん」が注目されています。
 
これまでも新卒フリーランスになった!という人や、就職したけどすぐ辞めてフリーランスになります!って人は結構いて、その度に注目されていました。
 
でも、そういう人達と比べて、この記事・宣言はなんか違和感がある。
 
なぜだろう。
 
………。
 
………あ!
 
何をやりたいのか、が分からない…!!

 

内定失敗からの「フリーランス」という選択…?

端的にいうと、いわたさんは宣言はこんな感じです。
 
「就活に落ちまくった。これ以上、行きたくもない会社のために時間を使うのは耐えられない。」
 
「大学卒業後、フリーランスに生きてる人に魅力を感じた。だから俺もフリーランスになる!」
 
最近は、大学卒業→サラリーマンは当たり前じゃないという考え方をする人も増えてきて、現にフリーランスとして生きている人も増えてきました。
※もちろん割合でいったら極々わずかだし、サラリーマンじゃない=フリーランス、でもないけど。
 
なので、今回の選択が間違ってるとは全く思わないし、本人が決めたことなのであれば素直に応援したいです。ぼくもサラリーマン辞めたい人なので(笑)
 
でも、これって選択なのだろうか。
 
サラリーマンになりたくないから、フリーランス、と考えちゃってはいないだろうか。
 
そこが非常に心配です。
 

いわたさんのやりたいことがわからない。

ぼくが見てきた限り、過去に「フリーランスになるぜ!」って宣言した方々は、「これをやりたい!」「これで食っていきたい!」という明確な目標がありました。
 
そしてその目標を達成するために、やりたいことに夢中になるためにフリーランスという選択をしていました。
 
フリーランスになりたい!ではなく、これがやりたい!だからフリーランス!なんですね。
 
ただ、いわたさんの宣言を見る限りでは「やりたいこと」が見つかりませんでした。
 
今運営しているブログでもっと稼ぎたいのか、自身の好きなファッションを武器に活動していくのか。はたまた他にやりたいことがあるのか。
 
もう考えてはいるけど、まだ具体化できてない、絞りきれてない。けどまずはフリーランスになる決意を固めなければ!自分を追い込まなければ!ということで今回の宣言をされてるならまだいいのかな、とは思います。
 
けどその辺りが固まってない状態でフリーランスを選択するのは、あまり得策ではないです。

お金を稼ぐだけなら、サラリーマンが楽

お金を稼ぐだけ、という視点ならサラリーマンが圧倒的に楽です。そして確実です。
 
就職してサラリーマンになれば、最初は稼ぐ力が無くてもお給料をもらえます。
まだその会社に対して利益をもたらせなくても、お給料がもらえるんです。
むしろ自分に投資もしてくれます。
 
※サラリーマンのメリット・デメリットはこちらにまとめたことがあります。
 
けど、フリーランスは全て自分で稼がなきゃならない。その為には尋常じゃない努力が必要。
自分自身でお金を稼ぐまでの努力って、やりたくないことじゃ無理です。
 
尋常じゃない努力ができるのは好きなことだけ、やりたいことだけです。
 
だからこそ、フリーランスを選ぶときは、やりたいことがあってこそだ、とぼくは考えてます。

最後に

もう一度言いますが、フリーランスになることは全然良くて、むしろ応援します!
けど、今の考え方のままだとちょっと危ない気がする。
まだ卒業まで時間があるし、たくさんの方がアドバイスされています。
それらを踏まえてしっかり考えた上で、自身が納得できる道を見つけられることを祈ってます。
 
今日はここまでっ。