読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーキズム

~社会人バンドマンの自由気ままな奔放記~

【Vainglory】今スマホで一番面白いRTSはこれ一択!【レビュー】

ゲーム ゲーム-RTS ゲーム-スマホ

f:id:karezi:20161117234804j:plain

ぼくは大好きなんですが、なぜか日本ではあまり流行らないジャンル、RTS。
そこにアクション要素を混ぜたオンライン対戦ゲームに最近ハマってます。
 
ハマりすぎてます。
 
 
それくらい面白いゲームなのにあまり流行ってないなんて勿体ない!
 
ということで、もっとプレイヤー増えてほしいのでご紹介します!
 
「Vainglory(ベイングローリー)」です。

Vainglory(ベイングローリー)って?

ジャンルはMOBAで、RTS(リアルタイムのシミュレーションゲーム)のサブジャンルに当たります。
 
エムオービーエーって読みます。モバじゃないよ。モバゲーでもないよ!!!
 
2チームに分かれて、それぞれのプレイヤーが操作する「ヒーロー」と自動で動く兵士を利用して敵陣地の制圧を目指すゲームです。
 
もともとPCで人気のジャンルで、アクションだけではなく戦術的な動きも求められるため、かなり本格派なゲーム。ゲーム慣れしてない人には難しいと思います。
 
逆に言えば、「最近のスマホゲームはあまりやり込めない…」「もっと奥の深いゲームがやりたい…」なんて人にはオススメ!
 
アプリ本体は無料で、スタミナもなし。
使えるキャラをアンロックするのに課金できますが、無課金でも十分な数のキャラで遊べます。ここ重要ね!!

Vaingloryの基本ルール

2016年11月時点では2つのゲームモード(通常対戦と大乱闘)がありますが、まずは一般的なルールで説明します。
 
プレイ人数は3人チーム×2の計6人。CPUとの対戦もできるけど、常にネットが繋がってないとプレイできません。

f:id:karezi:20161117234940j:plain

まず、マップ上には自分の陣地と相手の陣地を繋ぐ「レーン」があります。自軍陣地から一定間隔で出撃するミニオン(兵士)達はこのレーンを通って相手陣地に攻め入ります。
 
が、道中に置いてあるタレット(砲台)がそれを防ぐべくミニオンをバシバシ倒しちゃうんですね。
 
なので、プレイヤーが操作する「ヒーロー」で敵ミニオンやタレットを倒しつつ進軍していきます。ちなみにミニオンやタレット、ヒーローを倒すとお金がもらえます。
 
一方、マップ下は「ジャングル」と呼ばれ、どちらの軍にも所属しないモンスターが倒されるべく鎮座しておられます。このモンスターも倒すとお金がもらえるので、お金欲しさに討伐していきます。ウマウマ。

 

ミニオンもモンスターも倒すと経験値とお金がもらえるので、上がったレベルでスキルを獲得し、貯まったお金でアイテムを購入します。
 
レベルアップでステータスも上がりますが、重要なのはアイテム。アイテムで攻撃力や防御力、特殊能力などが得られるので、レベル=スキルの獲得って感じです。

f:id:karezi:20161117235358j:plain

敵軍陣地を制圧するにはタレットを折ってく必要があります。けど、レーンを進むミニオンの攻撃力はめっちゃ弱いので、タレットを折る時はヒーローの力が必要です。しかし、タレットの攻撃力は半端なくてヒーローにも大打撃。
 
そこでミニオンの出番。タレットは兵士を優先して攻撃するので、ミニオンを盾にタレットを殴るのです!ミニオンは無限に湧くので気軽にいきましょう。情けは無用!
 
ただし、タレットの攻撃範囲内で敵ヒーローを攻撃すると、自軍ミニオンより自軍ヒーローを優先して攻撃してきます。タレット怖い。射程外に逃げればリセットされます。
 
ヒーローは倒されると一定時間後に復帰します。復帰までの時間はやられるほど長くなるので、極力倒されないようにしましょう。動けないということは、兵士もモンスターも倒せないのでお金が稼げないんです。その間に敵がどんどん強くなって…となってしまうので、不利になっちゃいます。
 
ジャングルの中やレーンのすぐ下にある茂みは、入っていると敵から身を隠せます。ここで待ち伏せして、敵が近づいたらリンチする…というのは常套手段です。やったもん勝ちだーい!
 
ということで、ここまでのルールをゲームの流れに沿って整理します。
 
【序盤】
レーンに一人、ジャングルに二人(うち一人は補助役)分かれて進行し、敵ミニオンやモンスターを狩ってお金を稼ぎます。この時、敵の邪魔をしてお金を稼がせなくするのも有効。イライラさせたもん勝ち←
 
お金が貯まったら買い物していきます。この買い物次第でどんな戦闘スタイルか大きく変わっていきます。一撃必殺型やタンク型などなど。
 
 
【中盤】
装備が整ったら相手陣地に進軍すべく敵のタレットを折りにいきます。この辺からヒーロー同士の本格的な戦闘が始まりますね。1:2など不利な状況にならないよう気をつけます。
 
攻めるのが難しそうなら、相手の攻撃に耐えながら稼ぎ頑張ってお金を稼ぎましょう。ゲームの世界でもお金は大事←
 
 
【終盤】
スキルも装備も整ったらほとんどヒーロー同士の対決に。相手を殲滅してから安全にタレットを折って相手陣地を制圧しましょう。
 
プレイ時間はだいたい20分~25分前後。早ければ15分で終わるし、長いと30分超えます。
 
ちなみに、味方ヒーローがゲームから抜け出した場合、または15分経過後にギブアップできます。投票制なので全員がOKと言わないとダメですが。

Vaingloryならではのルール

基本ルールは同じMOBAゲームであれば同じなものがほとんどです。
ここからはVainglory特有のシステムをご紹介だぞ!

ミニオン鉱山

レーンをてくてく進むミニオン。こいつはなんと強化することができます。
 
ジャングルのそれぞれ自軍に近い位置にミニオン鉱山というのがあって、ここをカツンカツンしてるモンスターを倒すと味方ミニオンが強化されます。
 
1つとれば1段階、2つとれば2段階。放っておくと簡単にタレットを折るくらいの強さが…!

金鉱山

マップの真ん中にもカツンカツンしてるモンスターがいます。こいつは金鉱山を掘ってて、徐々にお金貯めてるんですよ。
 
で、倒すとそれまで貯めてたお金をチーム全体でGETできるんです。頑張って掘ったのに全部横取りです。何の罪もないのに…ごめんな…でもチームの為なんだ…
 
ちなみにお金をGET出来るのは、とどめを刺したチームです。油断してると横取りされるかも。

クラーケン

ゲーム開始15分を過ぎると、金鉱山を買ってたモンスターがいなくなってクラーケンという巨人が現れます。見た目ごついですが、一応女の子です。
 
彼女もモンスター扱いで、倒すと敵陣地に向かって進撃してくれます!「あたしを倒したら付き合ってあげるわよ」的な子なんですね。
 
ただ、かなり強いので倒すのに時間かかるし、クラーケンも止めを刺した側のチームにつくので、倒すタイミングは見極めなければなりません。
 
相手陣地に進みだした後は、タワーや敵本拠地のみ攻撃します。ヒーローには攻撃しません。ただ、攻撃力が半端ないのであっという間にタワー折られます。
 
耐久力も叩く倒すまでに時間がかかります。逆転の一手として有効な手段ですね。

f:id:karezi:20161118001259j:plain

Vaingloryのヒーロー達

f:id:karezi:20161118001631j:plain

このゲームで操作するキャラはヒーローと呼ばれ、それぞれ得意とする役割や戦闘スタイルが異なります。
2016年11月時点でのヒーロー数は約30人!まだまだアップデート増えそうですね。
 
各ヒーローにはお勧めのポジションと役割が決まってます。
 
ポジションはレーン、ジャングル、ロームの3つ。
レーンとジャングルは名前の通りで、ロームはサポートやタンク(高いHPや防御力で味方の壁になる)役のことです。
 
役割は5つ。刺客、守護者、戦士、狙撃手、魔術師です。
名前からイメージ沸くと思いますが、一撃必殺が得意だったり、遠距離攻撃が得意だったり…それぞれが個性溢れるヒーローになってます。
 
基本はやっぱり相手を倒したい人が多いので、ローム/守護者は後回しにされがち。ぼくはローム好きだけどなー。
 
また、装備によってメインの攻撃を通常攻撃にするか、スキルにするかなども決められます。

Vaingloryの面白いところ

ゲームバランスが素晴らしい

だいぶヒーローが多くなってきましたが、どのヒーローを使っても楽しめるゲームバランスが最高。もちろん、勝ちやすいヒーローっていうのはある程度決まってきます。ゲームである以上完全平等は不可。
 
でも「このヒーローじゃ全く通用しない!」みたいなのがなく、ゲーム開始時の平等さも相まって遊んでて辛くないんですね。
 
実は長くサービスが続くMOBAの共通点としては、ゲームバランスの良さが上げられます。というのも、ここ数年で他にも色々なMOBAが出てきましたが、すぐサービス停止に追い込まれました。
 
けどVaingloryは海外で長いことサービスが続いた後、日本に舞い降りてきたのが2015年4月。この記事を書いてるときですでに1年半経過してます。それだけゲームバランスを認められているんでしょう。 

課金必須じゃない

基本プレイ無料!の文字が目立つ中、ふたを開けてみればほぼ課金必須じゃねぇか!ってゲームは数多く存在します。
 
が、Vaingloryは本当に課金必須じゃないです。最初にもらえるゲーム通過で数人は変えるし、毎週6人は買って無くても使えるフリーヒーローがいます。
 
あとの課金要素はヒーローの見た目だけ。ゲーム結果に課金が絡んでこないのは非常に好感が持てます。まぁ、MOBAはだいたいそうなんだけど。 

Vaingloryの残念なところ

敷居が高い

そもそもMOBAってなんじゃらほい?って人は覚えなきゃいけないことが多すぎるし、最初は結構負けることも多いので、敷居の高さは否めないですね。
が、このジャンル自体その奥深さとかが売りなので致し方ないんだけど…。 

頼りになるのはプレイヤースキルのみ

このゲームは育成要素がなく、一回一回のプレイを楽しむゲームです。逆に言えばプレイヤースキルを上げることを楽しいと思えない人は向かないゲーム。
 
たぶん日本で流行らないのはこれが原因じゃないかなぁ。課金やプレイ時間によるパワープレイが出来ないので、苦手な人はとことん苦手。 

最後に

グラフィックもキレイで、PCが主流のMOBAをスマホに最適化されてるので、MOBAとしての敷居はこれでも結構下がってます。タダで出来るし、是非みんな遊びましょーー!
 
ダウンロードはこちらから。
 
一緒にやりたいって方がいたら是非Twiiterで声かけてくださーい!
フレンド申請もお待ちしてます!ID:karezi
 
実況もよければ覗いていってやってください!
今日はここまでっ