読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ビストロ】LODGEBISTRO SARU。お肉が美味しすぎてリピーター確定←【学芸大学】

食レポ 食レポ-学芸大学 食レポ-ビストロ


スポンサーリンク

f:id:karezi:20170121102348j:plain

学芸大学駅から徒歩3分にある「LODGEBISTRO SARU」
 
ついこの間行ってきまして、その尋常じゃない料理の美味しさとイケメン店員さんに惚れて、近々また行くことに決めました!
 
それくらい非常に良いお店だったのでご紹介します!

LODGEBISTRO SARUとは

「山の幸を楽しめるよう、フランスやイタリア料理の技法をベースに、ちょっと和を感じられる調理法でお届けする」をコンセプトにしたバルです。
 
メインのお肉料理から、魚、お肉、野菜の前菜にパスタ、デザート、ワインなどが揃っています。
 
お店のHPはこちら↓。メニューは最新ではないものの、だいたい同じです。

 

LODGE BISTRO SARU 学芸大学店 – 山の"いのち"をいただこう。

 

お店の雰囲気

f:id:karezi:20170121102247j:plain

f:id:karezi:20170121102703j:plain

住宅地にポツンと佇む山小屋をイメージされたお店。木の柔らかい感じが非常に心地いいです。中は思いの外広くて、テーブル席もカウンター席もあります。
 
男性の2人組や女性の2人組から、4人〜6人の団体さん、1人でいらっしゃってる方など、いろんなタイプのお客さんが訪れるお店ですね。
 
ジャズ調のBGMが流れていて、適度にガヤガヤしてる雰囲気なので、固くならずラフに入って大丈夫です。
 
写真撮れてないけど、男性店員がイケメンすぎてやばかったです。イケメン女子は要チェック←
 

食べた料理

ここからは、この前頼んだ料理や飲み物についてご紹介します!
値段はハッキリ覚えてないのもありますがご了承くださいm(_ _)m
 

スパークリングワイン(600円くらい)

f:id:karezi:20170121102941j:plain

f:id:karezi:20170121103107j:plain

ぼくが頼んだのは「マルケス デ チベ、カヴァ ロゼ ブリュット、スペイン」という名前のスパークリングワイン。
 
「石原さとみのようなフレッシュ且つ色気も兼ね備えたバランスの良いスパークリング」という説明通りの、見た目に色気がありつつも飲みやすいワインでした。
 
ちなみにこのお店のワインは、俳優さんや芸能人などの名前を用いて説明しているため、ワインに詳しくない方でもイメージが湧きやすいです!
 

八海山サーモンとキノコのテリーヌ ラヴィゴットソース(760円くらい)

f:id:karezi:20170121103323j:plain

山の幸がメインのお店だけど、魚の前菜も取り揃えてます。ぼくはサーモンが好きなのでこちらのメニューを頼んでみました。
 
ラヴィゴットソースとは酢や食用油、野菜のみじん切りをベースとしたソースのこと。味がしっかりついてるのにさっぱりしてて、前菜にはぴったりのソースでした。
 
しかも。実はこの料理には、ぼくが死ぬほど苦手なしいたけが入ってました
にも関わらず!一切の臭みがなくて!このぼくでも食べれるレベルのしいたけに昇華されていた!感激!
 
ちなみに、名前の由来はフランス語の「ravigoter(元気を出させる)」から取られてます。元気でたよほんと!
 

シェフが旬の野菜を活かすことだけを考えた本日のパスタ(1200円くらい)

f:id:karezi:20170121103601j:plain

単純に日替わりパスタと言うよりめっちゃくちゃ気になる名前だよね!笑
 
頼んでみたところ、揚げエノキとひき肉のスープパスタでした。
 
ひき肉のうまみと揚げエノキのちょっと濃いめの味付けが、良い具合に麺に絡み合って非常に濃厚なお味!
 
スープパスタなのでツルツルっと食べれるし、全体的なバランスが全て高レベルでまとまってます。
 

安曇野産放牧 肩ロース(1900円)

f:id:karezi:20170121103738j:plain

うますぎて泣いた。
 
いや。さすがに泣きはしなかったけど、ここ数年で食べたお肉では間違いなくぶっちぎりで一番美味しかった。
 
まず驚きなのが、尋常じゃなく甘いお肉
 
話を聞くと、甘みのあるキャベツやリンゴを食べて育った豚なので、甘みが凝縮されたお肉になるとのこと。
 
肉感もしっかりしていたんですが、名前の通り放牧されて育っているので、野生に近い環境で元気に育つ豚は肉感、肉の味ともに高品質になるそうです。
 
ほんとに、一口食べた瞬間ビビりました。これ食べたら、また絶対食べに来ようと確信できる味。
 
これだけうまいお肉が出るなら、他の肉料理も制覇しよう!と考えてしまうくらいです。
 
何もつけずに食べてもこれなのに、添えられた二種類のソース(辛くないワサビと、甘めのグリーントマト)がまた美味しくて…。
 
ちなみに、画像に載ってるキャベツは別メニュー。「徹底的にスチームしたキャベツ(400円)」
 
ちょっと名前は違うかもしれないけど、とにかくものすごくスチームしたってのを売りだしていて、このキャベツもとっても甘い。これとソースだけでご飯いける。
 
とにかく幸せを感じられるひと時でした。
 

苺のクレームダンジュ(600円くらい)

f:id:karezi:20170121103944j:plain

口の中に入れた瞬間、甘くて濃厚な苺ソースと旨味の深いチーズケーキが、口いっぱいに溶けて広がっていく。
 
なんですかこれ。なんなんですかこれ!美味しすぎるんですけど!
 
クレームダンジュって初めて食べましたが、これはハマる。ものすごく高級なものを食べてる気分になります。
 
ちなみにクレームダンジュとは、フランスで生まれたチーズケーキで、天使のクリームとも呼ばれてます。
 
最近話題のチーズケーキですね!詳しくはこちら↓

総評

全ての料理が高レベルにまとめられていて、それでいて高すぎない値段設定。
 
駅から徒歩3分の好立地。
 
なんやねん最高じゃないすか!!
 
もし学芸大学に立ち寄る機会があって、おいしいご飯が食べたいならオススメのお店です!是非!
 
今日はここまでっ